アフリカの伝統医療

過去、今日、そして未来のマダガスカルの伝統医学

医学について考えましょう!

最近、医学、健康&福祉の話題が、特に「先進国」でかなりの関心と議論を呼び起こしています。現代/西洋医学の従来の典型的な観点から離れ、祖先の伝統的な型や実践を再検討する人々が増えているのです。これらの伝統的な方法は文化、時間、場所によって大きく異なりますが、一般的に自然、特に植物は、私たちの先住民の医療技術の中心となる傾向があります。例えばマダガスカルでは、独自の地元産のエッセンシャルオイルや他の固有の天然資源が常に伝統的医学や医療の誇りとなっています。 世界の他の多くの国々と同様に、自然医学は、様々な背景やプロフィールをもった開業医によって、使用、開発、検討されてきたのです。様々な資源と技術を駆使して科学を提供し、(地元で生まれたものや外国産の)植物に関する民族薬理学的研究から、シャーマンや治療師による伝統的なや先治療法や先祖の儀式、また、最近のヨーロッパの代替医療(マッサージ、リラックスセラピーなど)による方法まで、研究してきました。マダガスカルでは、自然医学は文化遺産の問題であり、現代の慣行やライフスタイルに深く根ざしているのです。

マダガスカルの伝統医学

マダガスカルは実際これまで、限りない愛情で自然とその豊かな資源を敬い、熱心に崇拝してきました。”母なる自然”とは、時には神となり、時には人化され、我々の世界の最善の形…何よりも、優しさと愛情と人生の化身として表れるのです。「主権の母」そして「育ての母」として、人間を教育、指導、保護し、インスピレーションを与えるのです。 科学的に治癒力のあると証明された何千年も続く資源を使い、限りない薬用植物の活性成分について学ぼうとする強い意志をもったマダガスカルの医師や医療実習者が持っているのは、この深い礼拝と無条件の尊敬の念からです。現在市販されている多くのエッセンシャルオイルが直接抽出されるのはこの資源からなのです。強い精神的基盤を持つ伝統と”母なる自然”への完全な献身の民族グループの象徴が、人類の命の繁栄と体現につながるといえます。

マダガスカル療法の「今」

現在、マダガスカルの伝統医学は依然として重要な段階にあり、多数の「fanafody gazy」(マダガスカル薬や治療法)は、ローカル市場の手押し車的な大切な存在です。多くの治療法は、同じ天然資源で伝統的な治療者が、祖先が世代を通して渡した知識と方法に従って使用し、処方しながら精緻化したのです。 世界中の多数のセラピストは、多くの植物がそれ自身で治療力があると主張しています。例としては、アロエベラ、センシティブ(ミモザプディカ)、マダガスカルペリチンクル(Caranthus Roseus、2つの分子がフランス医学で化学療法治療に抽出使用されています)、スピルリナ(世界保健機構が人類の最良のタンパク質源と指定)、ラビンツァラなどが含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です