商品案内

ゼラニウムエッセンシャルオイル:何百種もの品質に何百種もの精油

起源

ゼラニウムは、数多くの異なる種を持つ植物です – 700種類以上の品種が目録されています! しかし、その後発医薬品は非常に容易に自然に複合され、多くのアロマセラピストやエッセンシャルオイル、プロデューサー、使用者、愛好家にとってはこの多様性の為、あまり考えることがなくなったようです。ゼラニウムは南アフリカ、レユニオン、マダガスカル、エジプト、モロッコが原産地とましたが、17世紀にはヨーロッパにも運ばれ、最初にフランスで精油の蒸留のために栽培され、その後フランスの植民地に再輸出されました。
マダガスカルでは、いくつかのゼラニウム種がよく順応して、特に純粋でユニークな品種に進化しています。上部から蒸気蒸留されたエッセンシャルオイルは、通常、ミントに似た、強い花の香りを放ちます。しかし小さい白い花を持つゼラニウム 品種から抽出されたとき、リンゴが混合した香りがし、ヘンルーダから抽出すると、ばらに似た香りがバランスをとって引き立てます。

落ち着かせたい時は落ち着きをもたらし、刺激が必要な時は刺激する柔軟性のある香水。香り豊かでロマンチックで感覚が豊かな経験へと何百もの動きをとるエッセンシャルオイルです。

用途

限りなく革新と最適化を行い、100%有機ゼラニウムエッセンシャルオイルの生産は、化粧品および家庭用品産業によって広く評価されています。デオドラント、化粧品、また香水、ボディソープ、シャンプーといった体の清潔保持用品では重要な花の要素を利用しています。また、ハンドクリームからスキンマスクまで、多くのハーバル治療や薬草治療にも使用されています。
もう沢山あるように感じますが、しかし、それだけではありません。現在ゼラニウムのエッセンシャルオイルは、夢の美容のお手伝いとしても非常に高い評価を受けています。特にヨーロッパでは、すべての年代の女性が、今広く認められている皮膚の引き締める作用や血糖降下作用に加えて、抗セルライト性、脂肪燃焼性およびスリミング性を称賛しています。

セルライト、肥満、ニキビ、しわ、火傷、傷、膿斑、一般的な皮膚の問題、婦人科の真菌や感染病など、ヨーロッパとアメリカのアロマセラピーコミュニティの間では、ゼラニウムのエッセンシャルオイルは迅速かつ効率的に対応するという評判を得たのです。
皮膚への高い耐性と、貴女の嗅覚を独特に喜ばせる優しい香りで、ゼラニウムのエッセンシャルオイルは、常に探していた健康と美容の解決策かもしれません!

お買い求めはこちらのショップより!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です