アロマセラピー

ヨーロッパでのアロマセラピーの歴史とマダガスカルへの影響

植物を癒しに、マッサージに、香水に、料理に使うことは新しい現象ではなく、何千年も前から行われています。しかし、ほんの1000年ほど前、植物の、より方法論的なことに興味を持ち始めました:ヨーロッパでのアロマセラピーの歴史を見てみましょう。

アロマセラピーの歴史

古代からの文化は、純粋なエッセンスを抽出することを可能にた蒸留プロセスを開発しました。それらの時代には、何百もの濃縮別の物が集中され、植物の魂と精神が収穫できるのです。例えば、エジプトは、遺物の死体を飾るために、これらのエッセンスを葬儀に使用します。その結果、非常によく保存されたミイラが、ほとんどの古美術館でも賞賛することができます。

このコンセプトは新しいものではありませんが、蒸留によるエッセンス抽出の実際の過程は、アラビアのアビセン(Avicenne)によって発明されたばかりです。それで、12世紀に十字軍によってヨーロッパに持ち込まれ、エッセンシャルオイルの起源となりました。この発見により、エッセンシャルオイルは今日の市場で驚異的にも迅速で安定した広がっています。

現代のアロマセラピー

1918年に、薬剤師レネ モーリス ガットフォース(René-Maurice Gattefossé)が、実験室での爆発の際にエッセンシャルオイルの否定できない治療効果を発見しました。ひどい火傷をおい、彼の最初の行いとして、彼の傷ついた手を純粋なラベンダーエッセンシャルオイルで満杯のボウルに浸したのです。驚いたことに、瞬時の火傷の癒しとなり、迅速につき、あっという間に傷が乾き始めました。その発見の後、彼は精油の医学研究に専念しました。

20世紀初め医療分野におき、エッセンシャルオイルの研究はわずかに下がりましたが、それらの奇跡的なエッセンスは1964年に再びヨーロッパ人に熱心な関心を呼び起こしました。通常の処方薬の全国的な不足により、有名なフランスの外科医、ドクター・ヴァネット(Valnet)代替薬としてのオイルの潜在的な効率をよく見直し始めました。ヴァネット医師の数多くの本と論文は、魔法のような薬についての話が広がり、ヨーロッパのアロマセラピーの一般化につながりました。

10年後、有名なフランスのアロマセラピスト、ピエールフランショーム(Pierre Franchomme)は、エッセンシャルオイルの実際の生化学的特徴を特定しました。現在は、「Chemo Type」と呼ばれ、エッセンシャルオイルの効率向上に重大な影響を与え、危険性や望ましくない副作用を軽減します。彼はエッセンシャルオイルの「聖書」と考えられている書籍L’aromathérapie exactement(正確にアロマセラピーとは)の共同執筆者であり、近代的なアロマセラピーの父親として、補完的で代替的な自然療法としての認識を深めています。この分野はここ数年、化粧品と自然薬局の分野とともに、より多くの個人および開業医が現代医学の「全化学的」アプローチとはなれて関心を呼んでいる分野です。

 

 

マダガスカルとの関係

フランスは市民への、エッセンシャルオイルの発見、適用化、そしてマーケティングにおいて、一番ではないにしても重要な役割を演じてきました。したがって、フランスがマダガスカルのエコーシステムの驚くべき可能性を明らかにするパイオニアであったという事実は驚くことではないでしょう。植民地の夢へのアプローチから後のフランス系マダガスカルの主導権まで、歴史は数世紀かさかのぼります。今日のエッセンシャルオイルが特別な理由は正確に何であるのか。今日私たちが提供するエッセンシャルオイルは、資源の成果であり、小さな、貴重なフラスコに入った数百の種類からできた金色の液体といえます。今日提供しているエッセンシャルオイルは、何世紀にもわたり、世話と熱意、献身と愛で真のエッセンシャルオイル文化を育んだ2カ国の資源、知識、方法のまとめの成果です。これまでで最高の製品品質とブランドイメージを保証します!

Lemurの精油はこちらでお買い求めいただけます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です