商品案内

カタフレイ精油、マダガスカルの魔法の “苦いジュース”

起源

カタフレイ(セドレロプシスグレべー、一般的にカタフレイまたはカチャファイと呼ばれる)は、2つのマダガスカル語「katra」(=苦い)と「fay」(=ジュース)を組み合わせた名前が由来しています。驚異的で独自の香りで知られる、このマダガスカル特産の精油は、木の樹皮から抽出され、ユニークな香りが特徴です。マダガスカルの医療界では多くの病気を治す魔法の様な薬として知られている一方で、軽量で丈夫なカタフレイ木材は数百世紀にわたり、伝統的な家やカヌーの建設や王様のお墓にも使われてきました。

壮大なマダガスカル自然の中で生まれ育ったカタフレイは、気候が特に乾燥している島の南西部で繁栄します。この細くて高い木は15メートルまで育ち、とても丈夫な材料になります。緑とオレンジの色を媚びた灰色の樹皮は、独特の苦味のあるウッディーな香りが周囲に漂わせながら、マダガスカル語での木の名前の起源を象徴しています。

 

用途

 

カタフレイ樹はあらゆる部分が多様目的に使われています。葉は伝統薬局方面、茶の形で、頭痛および喉の痛みを和らげるために何世紀にわたって、マダガスカル文化に重要な役割を果たしてきた一方、多量の樹皮や木材も地元、そして最近では輸出目的の商品生産に重要な役割を果たしています。

カタフレイの樹皮は 葉をとった後ボールにして入浴や茶としてリウマチや他の筋肉の痛みを緩和するために島中多くの市場で販売されている他に、苦い味で知られた有名な地元の飲み物である、「トアカガッシー」の主要成分の1つです。一般に「白いマホガニー」と呼ばれるカタフレイの木材に関しては、地元の人々は、その自然で証明された強さ、持続性および耐久性に頼って建設目的で使用しています。

しかし、カタフレイ樹の最も貴重で純粋な要素は、樹皮からの水蒸気蒸留法で取れたエッセンシャルオイル。琥珀に似て強い樹脂の香りと、穏やかな木の芳香族香料を含む淡黄色の貴重なオイルです。

その強力な抗炎症および鎮痛作用から、カタフレイトニックとオイルは、マダガスカルの人々やヨーロッパのアロマセラピー愛好家および開業医の間で、筋肉や腱を弛緩させ緊張と全身の痛みを和らげ腎臓の作用を増強すると認識されています。

カタフレイエッセンシャルオイルは、睡眠を回復、促進させ、不安を和らげ、落ち着きのある平和感を提供する、強力な弛緩剤とも言われています。心理的は方向性を強め、目的意識を回復させながら 焦点と集中力を高めるの自然のパートナー。最後になりますが、マダガスカルでは、スキンケアとして頻繁に用いられ、皮膚炎や湿疹の発赤やかゆみを和らげるため、またしわを取り除くことにも使用されています。いつも一緒に持ち歩く多目的な液体のダイヤモンドとなるでしょう!

お買い求めはこちらのショップより!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です