2018.10.26.

マダガスカル、無限の香りの島

  • マダガスカル文化
マダガスカルは、日本ではあまり知られていませんが(まだ!)、生物の多様性では信じられないほどの素晴らしい島です。実際、マダガスカルの自然は、世界で最もコントラストのある風景に何百万もの色と香りが遊ぶ島であることだけではなく、非常に豊かなコミュニティと慎ましい文化が育つ島、木、幹、茎、葉は、木工、バスケット、化粧品、伝統医学、食べ物や飲み物などに使用するなどのユニークな知識と知恵が守られている島といえます。

マダガスカルは、インド洋の海上航路の交差点として、何世紀にもわたって、アジア、アフリカ、およびヨーロッパからの何千種類もの海外の植物を受け入れてきました。何千もの標本がマダガスカルの環境に適応し、この地方にしかない種と完璧に調和しています。その結果、マダガスカルは驚くべき自然遺産を生み出したのです。広々とした、豪華で多様な土地は、異質ともいえる陶器のような美しさと、濃厚な香りの花束で、訪問者に他では経験できないユニークな五感の旅もたらします。 この夢のような島の植物は、母地から、そして他国からのの両方の産物であることから、特別だといえます。土壌ならではのブランドラベルと、農業面での発展は、これからの驚異的な可能性が潜んでいる証拠です。でも、このローカルエンジンの主役は誰でしょうか?それは女性なのです!
驚くべき強さと勇気を持ったマダガスカルの女性は マダガスカル語「アンドリアンバビラニトラ(“女王”を意味するアンドリアンバビ、“空”を意味するラニトラから作られた言葉)」の俗語からわかるように、マダガスカルの社会の基礎であることを象徴。非常にカリスマ的で魅力的な人格で、多くの女王がそれぞれ母として成功しています。 マダガスカルの女性たちは、妻、母親、教育者、土地の文化の保護者として、また島の地元の果物の多くを植え付け、収穫し、生産するのに中心的な役割を果たす働き者の耕作者でもあります。バニラ、コーヒー、エッセンシャルオイルなどのように、地元だけでなく長年に渡って海外で有名になってきた貴重品がいい例です。 マダガスカルのエッセンシャルオイルは、多く心身の病気の予防と治療に画期的な代替療法品と考える世界中のオイル消費者やアロマセラピストの心を勝ち取ったといえます。だからこそ、マダガスカルの自然と文化の遺産の果実は、ヨーロッパの化粧品、美容、栄養補助食品として幅広く愛されているのです。