商品案内

ラヴィンサラの精油はマダガスカルの “良葉”

過去数年間、ラヴィンサラのエッセンシャルオイルは 世界の市場で最も探されているエッセンシャルオイルの1つで、アロマセラピーやくつろぎ療法の分野で驚異的に広い効果をもたらしています。

さらに、いくつかの科学的研究では、ラヴィンサラは最新の入手可能な自然の抗生物質で最も効果のあるものの1つであると証明しています。

起源

ラヴィンサラは、もともとはアジア(中国、台湾、日本)が原産であった樟脳(クスノキ)で、19世紀にマダガスカルに輸入されました。 

それから、その樟脳の種はマダガスカルの土に馴染み始め、数十年にもわたって育っていた国産のラベンサラと徐々に調和・融合しました。

その結果、他にないオイルの香りと効果に特徴づけられる、全く新しいユニークな品種が生まれました。

用途

特にヨーロッパとアメリカでは、その和やかな香りや落ち着き効果が高く評価されています。

エッセンシャルオイルは、フランス、イギリス、アメリカの化粧品ブランドの製品の原料に頻繁に含まれています。そのままの販売またはマッサージオイル、シャンプー、ボディーソープ、クリーム、香水、室内装飾品などの派生品としての用途は様々です。

ヨーロッパや世界各地のスパ、美容院、高級なリゾートなどでも有名で、商品やサービスのリストにはいつも含まれています。サウナや他の温熱施設に散布したり、オイルマッサージで直接肌に、サロンでは色々なケアサービス(シャンプー、スキンマスク、保湿トリートメントなど)に使われます。

ラヴィンサラのエッセンシャルオイル、フレッシュ&ミントの香りの多様バーム:常に美容と心を和らげる貴女のお供に!

お買い求めはこちらのショップより!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です