商品案内

サロのエッセンシャルオイルは「悪いものを遠ざける」精油

起源

サロは、マダガスカルの北西沿岸に生息する小さな、香りの良い常緑樹で、地元では「Mandravasarotra」(「悪いものを遠ざける植物」)と呼ばれています。通常、水や岩石が多い場所に近いトロピカル森林に育ち、何世代もの間、心と体と魂に利益を見たらすと考えられていた万能な抽出油を提供します。

淡い黄色のサロ精油は、雨季にサロの木の葉から蒸留され、例えばティーツリーなどの薬用油に似た香りを提供します:シトラスのヒントのある強めの香りで、感覚を蘇えさせるだけでなく、身体と魂の両方を起こし、活力を与えるのです!

サロ植物の緑色のワックス状の葉は、本来の地であるマダガスカル、そしてアロマテラピー愛好家のコミュニティの発祥地であるヨーロッパでも使用されています。樟脳の花に似た新鮮で深みのあ香りの精油を作り出し、免疫システムを増強するだけでなく、様々な健康および美容関連目的のために使用されています。

用途

ヨーロッパでは、認定開業医にから処方された薬としてのサロ精油の使用者は、通常、健康な肺と呼吸機能を増強するためこの黄金の精油に頼っています。実際、ヨーロッパのアロマセラピストは、エッセンシャルオイルのリストで高い評価を得ており、ウイルスまたは細菌の活動の減少を証明し、画期的な抗生物質と考えています。

より一般的に、医療支援やアドバイスを必要とせずに、サロ精油はそれだけで、また他の精油と混ぜて、軽度の痛みや炎症を軽減し、頭痛や筋肉の痛みを和らげるのに効率的な助けとして広く使用されています。スキンケアに関しては、荒れた皮膚の治療や水分補給目的で使用することもできますが、他のオイルとブレンドし、日焼けした皮膚や筋肉痛にも適用されます。

ラヴィンサラとティーツリーのエッセンシャルオイルをブレンドしてみてください。このカクテルは、あらゆる健康の心配を減らすという、信じられないほどの人気です。毎日のあらゆる環境での感染など、病原菌を防ぐために認識され、「悪いものを遠ざける」という日々の心がけをしたい方にはぴったりです!

お買い求めはこちらのショップより!

サロのエッセンシャルオイルは「悪いものを遠ざける」精油” への1件のフィードバック

  1. 呼吸器系が弱く、花粉症とアレルギーが酷いのですが、
    こちらのサロを頂き、マスクにつけて外出したり、枕に垂らしてみましたら、
    かなり楽になりました。
    気が急いている時に嗅ぐと、心も落ち着きます。安眠効果もあるようです。
    ラヴィンサラも好きな香りなので、いつかその2つをミックスして、
    キャリアオイルに混ぜたロールオンが欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です