商品案内

イランイラン エッセンシャルオイル: “花の中の花”からの多目的解毒剤

起源

イランイラン(Cananga odorataの純正の型)は、インドネシア原産の熱帯樹です。マレー語の「花の中の花」からタガログ語の「荒野」まで名前があるこの植物は、20世紀まで世界最大のイランイランエッセンシャルオイルの生産地であるインドネシアとフィリピンの象徴的存在となっています。その後、その生産は徐々にインド洋の島々に移行し、熱帯雨林、特にマダガスカルとコモロが現在では世界の主要生産者として急速に定着しています。

一年中花を咲かせられるこの樹木は、11月から3月にかけて特に豊富な花を咲かせます。成熟すると黄色に変わるこの花は、農業従事者(主に女性!)によって早朝に手で摘まれ、蒸留時間に基づいて異なる品種の生産を可能にする水蒸留プロセスをとります。したがって、市場で入手可能なイランイランエッセンシャルオイルは、エクストラヴァージンのタイプで、強いジャスミンの特徴とはっきりわかる果物のような純粋な花の香りを放つものから、第2版と第3版タイプのもっと深くてスモークされたような香りのものまでと作られています。

用途

イランイランは、そのユニークで強い花の匂いがあるので、女性の美容製品だけでなく、男性のパーソナルケア用品のミドルノートやニュアンスとしても使用されています。また、多くの皮膚治療において効率的な成分であることが発見され、脂漏性湿疹、皮膚炎および他の多くの皮膚科学的障害を治癒するなど、驚異的な結果を示しています。また、皮膚をきれいにし、瘢痕化し、切傷、擦り傷または火傷のような傷口への細菌感染を避ける消毒剤としても証明されています。

また、この強力なエッセンシャルオイルは、ヨーロッパでは数多くの医薬品と関連して、内臓器官のための多くの医薬品治療にとって非常に有益な成分として評価されています。神経系のブースターとして、抗炎物質として、また高血圧を治療するのに有効な薬剤としても有効です。

心身の分野では、イランイランエッセンシャルオイルは、現代の先進社会で タブーと見られている2つの大きな悩みである勃起不全とうつ病のかなりの部分を治療しています。徐々ではありますが確実に、イランイランエッセンシャルオイルは、強力な媚薬と抗うつ病剤として大きな頼りになってきました。慢性の不眠症患者や不安症患者の間では、このリラックスアクションに人気がでていることは言うまでもありません。
このように、驚異的な特性を考慮すると、イランイランエッセンシャルオイルは、それだけで使ったり、他の物と混合にして、多目的解毒剤を構成し、有力な免疫化剤として大きな効果を発揮しています。シンプルな芳香の快楽から予防と心理的な治療に至るまで、常に消費できる美容液です。

最後に、イランイランエッセンシャルオイルを購入する際には、品質を表す多数の「グレード」があるのでご注意ください。香水に使う最高級グレードは「エクストラ」で、その他に1stグレードから3rdグレードまであります。弊社はエクストラからサードまでのすべてのグレードが混ざった精油「コンプリート」をウェブサイトで販売中です。

お買い求めはこちらのショップより!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です